クリアネイルショットアルファのビフォーアフターはNGと言われた話

ビフォーアフターの写真はNG

 

今はクリアネイルショットアルファにリニューアルしましたが、その前の「クリアネイルショット」を使っていた時のことです。

これ本当に良かったので、私が運営している他のブログでビフォーアフターの写真を嫌というほど掲載していました。2週間後、3週間後、1か月後、2か月後・・・半年後と、「誰がこんな写真見るんだ?」というくらいに。

単純にこれはすごいと思ったからです。もちろん全員にいい変化が出るわけではないことは分かっていましたが、何人かでも救われる人がいればという気持ちで。

そんなある日、販売元経由でビフォーアフターの写真の掲載と、症状名を書くのはお控え下さいという連絡が行政機関から届きました。ビフォーアフターの写真を載せてしまうと、誰にでも同じような変化が出ると誤解する人が出てしまう、医薬品のようなイメージを与えてしまう、という理由でした。

ブログ内では病院に行くことを第一優先にし、それがどうしてもできないのなら試してみては?くらいの内容でしたが、確かに「病院に行かなくてもいいのなら」と思う人も大勢みえますよね。しかも写真まで使って経過を紹介していたので。

ビフォーアフター画像モザイク付きいろいろな角度からこんな画像を載せまくっていました。今はモザイクを入れています。

 

その連絡が届いてから3日以内にすべての画像を削除して、体験談を修正したり削除したりしました。

今でもビフォーアフターの写真が載っているブログを見かけますが、いずれ削除されることになると思うので、チェックしたい人は早めにチェックしておきましょう。もし再三の警告を無視しているなら、薬機法違反になるのでちょっと心配していますけど・・・。

今載せられる写真は

クリアネイルショット使用済み

本当にクリアネイルショットとアルファを使った写真くらいです。こんなの見ても誰も得しませんけど(笑)

ちなみに、他のブログでは問い合わせもできるようにしていたので、質問が届いたこともあります。

(読者さん)
「僕は足の爪が○○になってしまっているのですが、クリアネイルショットは本当に良かったのでしょうか?写真をいっぱい載せてあったのでちょっと聞いてみたくて。」

(私)
「私の爪には良かったですが、全員がそうとは限りません。自己診断だと原因がはっきりと分からないからです。(中略)ところで、◇◇さんは病院に行けないのですか?」

(読者さん)
「病院に行くことはできます。他にいくつもの人に相談の連絡をしたのですが、返事が来なかったり、いいですよという紹介ばかりでした。(私を褒めてくれたのですが中略)」

(私)
「なら、まずは病院に行くことをおすすめします。病院では顕微鏡を使った検査をしてもらえるので、高い確率で原因を特定することができます。それに合わせた薬が出るので、行けるなら行ってみて下さい。」

こんなやり取りが何回かに渡ってありました。

これも、ブログの写真を見て病院より優先しようと思ってしまっていたわけです。

確かに良くない。

ブログを修正するのはかなりきつかったですが、警告してもらえて今では良かったのかなと思います。