クリアネイルショットαの最安値は公式とは限らない!見分け方を解説

クリアネイルショットアルファ最安値-

クリアネイルショットアルファの最安値は公式ページと紹介しているブログやサイトを多く見かけます。確かにその通りなのですが、それはあくまで買い方によってはということ。

定期購入なら公式サイト一択で問題ないですが、単品購入の場合はこの限りではありません。私が調べた状況をまずお伝えします。

販売サイトの単品価格を比較

クリアネイルショットアルファを販売している通販サイトを比較する際に注意しなければいけないことがあります。それは旧品を販売しているショップがあるということ。

「アルファ」とあえて付いているのは、もともとクリアネイルショットという商品名だったものがリニューアルしているからです。成分の強化や容器の改良など旧品より良くなっています。もしご自身で価格比較をされるなら、間違えて旧品を注文してしまわないようにご注意ください。

関連記事 クリアネイルショットとアルファの違いは?

以下、価格を比較した結果を載せておきます。

楽天の価格

3,630円+送料199円(ゆうパケット)
販売ショップ:北の快適工房(正規販売店)

公式サイトが楽天市場で運営しているショップなので安心です。

アマゾンの価格

3,829円
販売ショップ:北の快適工房(正規販売店)

送料込みの価格で楽天と同じです。公式ではない一般の販売店が旧品を販売しているのを見かけたので要注意。

ヤフーショッピングの価格

3,600円
販売ショップ:一般販売店

公式サイトではないので販売店や出品者の調査が必要。転売の可能性があります。

公式サイト

3,630円+送料199円(ゆうパケット)
販売ショップ:北の快適工房(正規販売店)

定期コースの場合
・お試し定期コース:3,267円(定期縛りなし)
・基本コース:3,086円(定期縛りあり)
・年間コース:2,904円(定期縛りあり)

基本コースと年間コースは3か月ごとに3個届きます(支払いも3個分)。定期縛りがあるので、規定回数以上購入しないと解約できません。

単品購入の場合、どこで買っても価格は同じでした。このようにクリアネイルショットアルファを単品で購入する場合は、公式サイトが最安値だとは限らないのです。

むしろポイントが貰えるので、楽天やアマゾンの方が実質的には最安値といえます。

それなのに、私は公式サイトで定期購入にしました。それは足の爪のケアが厄介だということを知っていたからです。

なぜ公式サイトを選んだか?

公式サイトを選んだ理由

私は楽天ユーザーなので、楽天ポイントを使って単品を買う方がお得です。でも公式サイトを選んだのは、足の爪のケアには時間がかかることを知っていたからです。

時間がかかるということは、その分クリアネイルショットアルファの購入費が増えるということ。だから安く買える定期コースを選びました。

足の爪は1か月で2mmも伸びない

足の爪は1か月程度で綺麗になることはないです。どんな症状にしても、爪は生え変わらないと綺麗な爪には戻りません。手の爪とは違って、1日で0.05mmしか伸びないので、1か月でせいぜい1.5mmです。

クリアネイルショットアルファは1本で1か月分なので絶対に足りません。

使い続けるなら定期コースの方が安い

今回は最安値の見分け方を紹介しているので、定期コースのことは紹介しませんが、使い続けるのなら公式サイトの定期コースが1番安いです。だから楽天を選びませんでした。楽天には定期コースがないですから。

定期コースは欠品しない

クリアネイルショットは、夏になるとほぼ毎年欠品しています。

入荷まで1か月以上かかるという口コミを見て、それなら定期コースにしておいた方が無難だと思いました。定期購入にしておけば、優先的に商品が届くので欠品は関係ありません。

単品購入でいちばんショックなのは、ちょっと良くなってきたと喜んでいる時の欠品です。そこで一気にやる気が失せるのも嫌だったので、安心して続けられる定期購入にしました。

定期コースは選び方が大事

定期コースにすると決めたのはいいですが、クリアネイルショットアルファには定期コースが3種類ありました。私が選んだのは「お試し定期コース」です。

最安値なのは「年間コース」ですが、説明を読まずに申し込むとかなり危険なコースです。もう一つ「基本コース」という公式サイトが推奨するコースもありましたが、どちらかというとリピーター向けのコースです。

もしクリアネイルショットアルファの定期コースを申し込むなら、「お試し定期コース」をおすすめします。
定期コースの違いを詳しく確認しておきたいなら「クリアネイルショットアルファの失敗しない購入方法」の記事をぜひご覧ください。お試し定期コースにしておこうと思えるはずです。

タイトルとURLをコピーしました