クリアネイルショットアルファの副作用

クリアネイルショットアルファの副作用

浸透補修型の足爪ケア用品「クリアネイルショットアルファ」。爪の濁りで使う人が特に多く、綺麗になったとか効果があったという声が多数出ています。

でも、爪を綺麗にするような商品なら刺激も強いんじゃないの?と思いますよね。副作用があるかどうかも気になります。

例えば、爪を綺麗に見せるものといえば、マニキュアを連想する人も多いでしょう。マニキュアは確かに爪の負担になります。また、それ以上に除光液は爪にダメージを与えてきます。

一方のクリアネイルショットアルファは、そのような強力なものではありません。結論から言うと、副作用はそれほど気にしなくても大丈夫です。実際に私も1年以上使って副作用は出ていません。

このページでは、

・なぜ心配がいらないのか
・副作用と間違えやすい口コミ
・アレルギーの可能性

について紹介します。



>>クリアネイルショットアルファ公式通販はこちら

 

クリアネイルショットアルファは副作用の心配はない?

クリアネイルショットアルファは、医薬品ではないので特別に副作用を意識する必要はありません。

外見を綺麗に装飾するものではなく、爪の内部に浸透し、保湿・保護をするものなので強い成分を使っていません。妊婦さんでも使えるくらい安全性は高いです。

関連ページ

クリアネイルショットアルファを妊娠中や授乳中に使う時の注意点
クリアネイルショットアルファは妊娠中や授乳中に使ってもいいの?基本的に問題ありませんが注意点があります。クリアネイルショットアルファをこのタイミングで使いたいと思っている方向けの内容です。

クリアネイルショットアルファの強みは、成分の強さではなく硬くて厚みのある爪でさえ浸み込んでいく浸透力
だから、あえて刺激が強い成分を使う必要がないのでしょう。

>>クリアネイルショットアルファを使ってみる

 

副作用の口コミ

実際に副作用に関する口コミを探してみましたが、クリアネイルショットアルファが原因になっているような内容は見つかりません。

ですが、勘違いでクリアネイルショットアルファのせいにしている口コミはありました。

例えば、使い始めたら巻き爪になったという口コミ。巻き爪は、爪の切り方や深爪と歩き方によって起こるもので、ネイルジェルでなるものではありません。

手の爪に使ったら酷くなったという口コミもありましたが、もともと手の爪に起きていた病変が進行したものと思われる内容でした。
ちなみにクリアネイルショットアルファは、手に使ってもいいですが、基本的に足爪専用なので、販売元は推奨していません。

このように誤解をしている内容なら若干あったものの、明らかに原因がクリアネイルショットアルファであるという内容は見つかっていません。

効果については個人差があるのと、間違った使い方をしていたために十分な効力を得られていない人が多いことは付け加えておきます。

 

アレルギーの可能性はある

イメージ的には副作用に似ていますが、アレルギーが出る可能性はあります。皮膚につけるものである以上、可能性はゼロではありません。

クリアネイルショットアルファはパッチテストはクリアしています。ですが、植物由来の成分を多く配合しているのでアレルギー体質の方は成分を確認しておきましょう。

さらに、一般的に抗菌成分として利用される成分も入っています。
化粧品で多く使われている成分も入っていて、それはアルコールの一種なので刺激を感じる人はいると思います。

【クリアネイルショットアルファの全成分】
水、グリセリン、竹酢液、BG、カルボマー、スクワラン、ティーツリー葉油、アボカド油、レプトスペルムムペテルソニイ油、グリチルリチン酸2K、ウンデシレン酸、チモール、ダイズ芽エキス、ヒノキチオール、水酸化K、塩化Na、フェノキシエタノール、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、アスコルビン酸、レシチン

刺激を感じる人はほとんどいないと思います。ですが、刺激を感じた場合は、残念ですがクリアネイルショットアルファは諦めるしかありません。

これは使ってみないと分かりません。

なので、単品購入にするか、1回で解約できる「お試し定期コース」から始めるのがおすすめです。お試し定期コースには返金保証がついているので、肌に合わなかったら商品代を返金してもらうことができます。

初めて使うなら、どちらかの購入方法を選んでください。

割安だからといって、いきなり1年契約とかしないようにしてくださいね。私は少しもったいなかったですが、ずっとお試し定期コースを使っています。いつでも解約できる方が気が楽ですよ。

>>クリアネイルショットアルファ公式通販サイトを見る