クリアネイルショットアルファとザンミーラネイルの使い分け

ザンミーラネイルはメディアへの露出が多く、知名度が高い爪の補修液です。知名度で比較するならクリアネイルショットアルファより断然上です。
どちらも爪に浸透し補修する商品ですが、その違いは何でしょうか。

成分の違いから見る効果の違い

それぞれの成分を見てみると、どう使い分けるのがいいか見えてきます。

クリアネイルショットアルファ

水、グリセリン、竹酢液、BG、カルボマー、スクワラン、ティーツリー葉油、アボカド油、レプトスペルムムペテルソニイ油、グリチルリチン酸2K、ウンデシレン酸、チモール、ダイズ芽エキス、ヒノキチオール、水酸化K、塩化Na、フェノキシエタノール、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、アスコルビン酸、レシチン

ザンミーラネイル

PG、乳酸、尿素、グリセリン、水、水酸化ナトリウム、EDTA-2Na

成分をずらっと並べてみたところで、その違いはよく分かりませんが、簡単に比較すると以下のようになります。

クリアネイルショットアルファ
爪やその周囲を清潔に保ち、さらに保湿することで健康的で丈夫なな爪を伸ばす商品。各成分をオイルで包むことで爪の内部に効率よく浸透し、にごり爪をきれいな爪に変えていきます。

ザンミーラネイル
保湿することで爪表面の傷みや潤い不足を解消し、きれいな爪に見えるようにする商品。保湿は爪の丈夫さにも関わります。

 

2つを比較すると、
クリアネイルショットアルファは爪の内部に悩みの素があり、綺麗な爪が生えるようにしたい人向き。
ザンミーラネイルは、爪に異変はなく乾燥で見た目が悪くなっている人向きです。

爪が変色していたり、ボロボロになっていたりするならクリアネイルショットアルファの方がいいですし、カサカサしていてツヤを出したいという人にはザンミーラネイルがいいでしょう。

どちらも刺激は弱い商品ですが、ザンミーラネイルはあまり皮膚につかないように塗る方がいいと思います。その理由は、PGという成分が1番多く使われているからです。

PGは保湿作用があり、浸透を助ける役割があります。しかし、皮膚への刺激が少しあります。短期間で爪だけに使うなら問題ありませんが、長期間皮膚についてしまうのはおすすめしません。またPGは現在日本ではあまり使われなくなっている成分です。(ザンミーラネイルはドイツ産)

ご自身の爪の状況によって使い分けるようにしてください。